一斉メール配信@ザ・携帯ホームページ > 額賀雄大のコラム > IT革命論[一斉メール配信@ザ・携帯ホームページ]

額賀雄大のコラム

IT革命論[一斉メール配信@ザ・携帯ホームページ]

元NTTドコモで「iモード」の開発に携わった夏野剛さんの記事が09年1月25日の朝日新聞に掲載されていました。

IT革命論について抜粋してみました。

大学で教鞭をとっている夏野さんは、これからの時代への変化への心構えを述べています。

社会変革を想定するのは、社会構造が大きく変化した産業革命だ。今進化を続けているITも、経済だけでなく政治、文化、社会を変革する種であると。

その革命を上手く社会に着地させたいという。

ITがさらに浸透し、社会のありようを変えていくと予測する一方、変化の大きさを見誤ると社会は大きな損失をこうむると警告しています。

ITによって世界は凄い勢いで変化している。昔は、来年を良くするれば、10年後はもっと良くなると期待できたが、今は違う。

国家も企業も、将来を見据えて行動しなければ、日々の変化に翻弄されてしまう。


記事の最後に記されている、視点のコメントは重要なので記載します。

ITの発展が社会にとって良いことなのか、議論は分かれる。
IT化がもたらす経済成長なんて必要ない、現状維持でいい、という声もあるだろう。
だが、夏野さんは「それは無理」と談じる。
「海外依存度の高い日本は、世界と同程度に成長し、変化しないと現状の生活レベルの維持する出来ない。」と
一部専門家のものでなくなったIT。活用の仕方を社会全体が考える時期かもしれない。


このようにまとめているが、09〜10年にかけてケイタイををはじめITが社会に急激に浸透することが考えられる。

この変動についていけないと落ちこぼれになりかねない、産業革命の社会変革と同じように・・・
ただ、産業革命と違うところは、IT革命は目に見える形であなたの前に姿を現さないから始末が悪いといえる。

人気ブログランキングへよろしく!

一斉メール配信@ザ・携帯ホームページ

<<空気が読めるケイタイ[一斉メール配信@ザ・携帯ホームページ] | 一斉メール配信@ザ・携帯ホームページトップへ | 無料お試し版[一斉メール配信@携帯ホームページ]>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
[必須入力]
メールアドレス
[必須入力]
URL
[必須入力]
コメント
[必須入力]
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。