u-Japan政策

ユビキタス社会[一斉メール配信@ザ・携帯ホームページ]

鹿島一がお伝えします。


今回の記事は大変長いですが、読み逃さないようにしてください!
あなたの将来のために、と言っても数年先のことです。


ユビキタス時代に向けて!

総務省が2010年に向け提唱している
ユビキタス社会で私たちが今準備することは?

既に始まっている「ユビキタス革命」で生き残っていく為に企業は何をしなければならないのか?

大企業は既に気が付いて、準備を始めている。

国も国策として提示しているのだが、どれほどの人が関心を持ち、どの様な経済の波が押し寄せてきているのか深く理解しようとしていることか。

大企業以外にそれほど関心を示していないのが現状です。


マスコミはあまり派手に騒ぎ立てていない。

何故なのか?


産業革命に匹敵する経済変動が起きていて、
それはマスコミにも多大なる影響を与え、この流れに飲み込まれてしまうからです。

マスコミも危機感を感じていて、大きくは触れたく無いのだ。
大きく取り上げれば取り上げるほど、その経済の流れを認める事になり、経済革命が加速するのを知っている。

「ユビキタス」とは、「いつでも・どこでも・(神のごとく)偏在する」という意味でラテン語からきている。

今、私たちが「いつでも・どこでも・身に付けている物」といえば、何が有るか?

平均一日23.5時間、手の届くところに有ると言われるようになったものがある。

携帯電話!


若者はそれを「ケータイ」」と呼ぶ。若者達は電話としてよりも、ケータイというツールとして利用している。

これから操作はどんどん簡略化し、メールは音声認識で送れる様になる。
未だにITの主流はパソコンだと信じている人は多い。

既に2005年にケータイはインターネットでパソコンを超えた。

パケット定額の登場により、ケータイでインターネットしないほうが損をする時代がやってきた。

今年一月、携帯電話(PHS含)は一億台を突破した。国民一人に1台となってきた。

2009年にはケータイにも「光」が繋がり、ブロードバンドとなる。


一般の家庭ではコンセントがインタネットと繋がり、インタネット対応の電化製品が発売される。

ICタグやICチップの付いた食料品はレジに置いただけで、清算が済み、賞味期限や生産者情報などを冷蔵庫とやりとりする。

ケータイ一つで電化製品を離れた所から全て管理できる。起床や帰宅に合わせて室温管理でき、鍵の閉め忘れ・スイッチの消し忘れはもう心配いらない。


総務省は国策として2010年までに順調に達成予定である!

ところが2010年まで、あと3年しかないのである。

「便利だ。良かった。」と手放しで喜んで使わせられる側になっている場合ではない。


気が付いたら、もう 間に合わないという事にならないように、中小企業こそ早く準備しなければならない。

残念ながら、今の仕事を一生懸命やれば、なんとかなるというだけでは持ちこたえられそうに無い。

この経済の波に呑み込まれないように「ユビキタス」を活用することは必須である。

自分の生活がかかっているのに、「ユビキタス社会」を人ごとの様に思っている人がいかに多いことか。


人類史上初めての事なので実感もなく、誰も経験からはどうしたら良いのか判断出来ないのだ。

それに比べ、孫 正義氏はよく承知している様だ。「ユビキタス」の可能性に、いち早く気付いてしまった彼は1兆7500億で手っ取り早く、ボーダホンを買収した。

翌春には業界に参入予定なのに、待てなかったのだ。それほど魅力ある市場なのだ。


「ユビキタスの引き出し」に自社の引き出しを用意しておかなければ、誰からも見つけてもらえない。
いつでも、どこでも顧客とのコミュニケーションツールとなる端末を国民全てがほぼ持っている。

中小企業は大手では出来ない「顔の見えるコミュニケーションツール」として「ユビキタス」を活用し、勝ち残っていかなければならない。

国も国民が豊かさを感じ、企業が収益を上げ、国が潤う最善策(U-JAPAN政策)であると確信し、提唱しているのだ。

(U-JAPAN政策のUはユビキタスのこと)総務省のホームページには未来の国民の姿が映像で紹介されている。

まるでSF映画を観ているようである。
2010年これが現実となる。

田上町会議員 中野和美様HPより(抜粋)

http://www.just.st/?in=783254

一斉メール配信@ザ・携帯ホームページ

u-Japan政策

u-Japan政策とは[一斉メール配信@ザ・携帯ホームページ]

鹿島一がお伝えします。


一斉メール配信つき携帯ホームページを話す前に、いまのあなたが置かれている時代背景を見る必要があります。


インターネット新時代に向けて、総務省は国策を強力に進めています。

それがu-Japan政策です!

u-Japan政策で国は、経済の活性化を図る以外に日本の生き残る道は無いとしています。

これを知らないと、次世代の生活環境が理解できません。
もちろん、ビジネスも・・・

是非、総務省のホームページをご覧になってください。
あなたが、今どのような生活を送っていようと、このホームページは必見です。

総務省のホームページ


あなたも良くご存知のテレビ放送のデジタル化も、この国策と大いに関係があるのです。

一斉メール配信@ザ・携帯ホームページ

額賀雄大のコラム

一斉メール配信つき携帯ホームページとは?!

鹿島一がお伝えします。


あなたは、ジャストメールって聞いたことがありますか?

いま、安い・早い・簡単の合言葉で、中小事業主から大手企業まで注目を集めています。


それが一斉メール配信つき携帯ホームページ・・・

ジャストメールです。


このブログでは、一斉メール配信つき携帯ホームページの使い方やシステム、さらに導入事例を紹介してゆきたいと思います。

地域の活性化などに活用している事例も豊富にありますので、逐次、紹介していきます。

ご期待ください!


一斉メール配信@ザ・携帯ホームページ

<<前の5件  1 2 3  


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。